東京大学 計算科学アライアンス

本事業は東京大学の研究教育活動として平成28年度4月に開始し、計算物理学などの計算科学・工学と情報科学を連携・融合しながら東京大学の英知を結集して、世界の計算科学研究を先導します。また学部から大学院・ポスドクまでを一貫した理念の下に教育するための標準教育体系を整備して組織的な講義・演習を実施し、基礎から先端までの教育を展開します。特に優秀な学生には国際性豊かな英才教育を実施し、国際的にトップクラスの計算科学の人材を育成します。

計算科学は、シミュレーションやデータ解析など、コンピュータの高い処理能力を活用して科学に取り組む研究分野です。国産のスーパーコンピュータを作ってきた日本は、計算科学の分野でも世界をリードしてきました。今後も世界をリードし続けるためには、計算科学の手法を大学生や若手研究者に体系的かつ組織的に教育し、優秀な人材を育成する必要があります。また、計算科学は産業、行政など社会のあらゆる分野でますます重要な役割を果たすようになってきています。将来計算科学を専門としない学生も、社会で活躍するときに、あらゆる分野で、計算科学やシミュレーションの基礎を身につけ、計算科学の成果や課題を理解できる素養が必要とされるようになってきています。

学生募集説明会(2018/4/6)ポスター

計算科学アライアンス2017年パンフレット